黄昏のソナタ

アクセスカウンタ

zoom RSS 社会的入院

<<   作成日時 : 2008/03/07 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 社会的入院などあってはならないことですが、義父の十二指腸潰瘍で近くの病院に一週間の入院をお願いしました。私の予期せぬ多忙で充分なお世話ができないからでした。お願いした病院は無休の病院で24時間の救急医療の受付をしていますので平素から急なお願いを快諾してくださる心強い病院です。医療費の節減から社会的入院は認められなくなってきました。また入院が長くなると入院料が下がってきますので病院側のリスクを考えて転院を余儀なくされることが通常です。しかしこの病院はいつも患者さんの立場になって判断しています。診察室の隣の患者さんが先生に薬の長期投与をお願いしている様子がうかがえました。年金生活で診察料も大変だからとの理由です。外国籍の患者さんも多くみられ、それに優しく応える先生に私は心打たれました。そんな先生の医療人としての姿勢に義父も私も救われました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
社会的入院 黄昏のソナタ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる